TERASOLUNA DS

設計情報を解析し『すり合わせ』を自動化
「TERASOLUNA DS」

設計情報を始めとするシステム開発時に作成する情報を集約し、分析・チェックなど多様に活用するための基盤となるツール。レビュー作業の削減、仕様変更/バグ発生時の影響範囲特定等、設計作業を大幅に効率化します。

概要

TERASOLUNA DSは、既存システムの設計書、新仕様を定義した設計書、さらに開発途中でより詳細化・具体化される成果物などから設計情報を抽出し一元管理します。抽出した設計情報を活用して、通常レビューにおいて人手で行う設計書の整合性や表記揺れのチェック自動化、設計書・ソースコードの高速検索、仕様変更時の影響範囲分析、設計書の入力支援など、システム開発を支援する様々な機能を提供します。
例えば、整合性チェックは設計書間の横串レビューを自動で行うことで、従来すり抜けていた設計バグを削減し、製造・テストなどプロセス後半での手戻りを減らすことが可能です。これにより、品質の向上と開発期間の短縮を実現することができます。

TERASOLUNA DS 概要

特長

  • 設計書から設計情報を抽出・解析することで、システム開発の様々な作業を効率化
  • 品質確保の観点で必須となる多数のチェックルールを搭載
  • CRUDなど設計書をまたがる定型的なチェックが不要となるため、レビュー工数を削減
  • 設計書レビューでのすり抜けに伴う手戻り防止を実現
  • 仕様変更等による影響範囲を素早く調査

注意事項

TERASOLUNA DSの販売は行っておりません。システム開発を発注いただいた場合に、NTTデータで利用するツールです。